ビル清掃サービスでの解説サイト

歳を重ねつつ、社会経験を積むと、いずれ開業したいという夢を持つ人も少なくないでしょう。さまざまな分野がある中で、将来的にも安定したビル清掃サービスでの開業を検討しているあなた、非常に賢いご判断です。当サイトでは開業だけでなく、ビル清掃についての話もわかりやすくしていきます。

この記事は約 3 分で読めます。

ビルクリーニングの仕事は将来的にも安定している

高層ビルビルクリーニングは文字通りビルの清掃を行うことであり、ビル清掃や建築物清掃とも呼ばれます。
ビルクリーニングを理解するためにはビルの定義を知ることが必要ですが、ビルとは不特定多数の人が利用する建物のことです。
特に鉄筋コンクリート造がビルというイメージがありますが、実際にはビルは建物の構造ではなく多くの人が利用しているものを指します。
このため主に事務仕事をするオフィスビルや公共の病院や図書館、博物館などや、商業施設のデパートやショッピングセンター、量販店なども含まれますし、駅や学校などもビルのひとつです。

これらのビルを清掃することを業務とするのがビルクリーニングです。
ビルクリーニングの仕事は広範囲で、一般的にイメージされるのはフロアやトイレの清掃です。
これらの清掃を行うさいには利用者の迷惑にならないように行う必要があります。
また一般的な清掃活動のほかにも廃棄物の回収なども行いますし、内装だけでなく外装も含まれ、もちろん外回りの清掃も含まれておりビルを快適に使えるようにすることが目的です。

仕事の回数は場所によって異なりますが日常清掃と定期清掃の2種類があります。
日常清掃は頻繁に掃除をする場所であり、廊下やトイレなどで、一方で定期清掃は毎日清掃するのが難しいような場所を一定の期間で清掃するというものです。
基本的には契約に基いて清掃活動をしますが、依頼に応じて臨時的に行う特別清掃もあります。

これらビルクリーニングの仕事は法律によって定められていることもあって需要が消えることはありませんから、将来的にも安定した収入を得ることができます。

清掃業が他の業界に比べ高収入な理由について

高額の給料ビルクリーニングは法律で定められていることや、そもそも清潔に建物を保つためには必須のことで、そのためその需要の高さから比較的、仕事量が安定しています。
その一方で清掃業は他の業界と比べて高収入の傾向にあります。
清掃業が高性能な理由としてはやはり仕事の内容で、汚いものをきれいにするという性質のものであるため嫌う人が多い傾向にあることや、体力が必要な仕事であるためであり、このため人が集まらないのが大きな理由です。

さらに比較的高収入である理由に関しても、可能な限り人を集めたいことと離職をさせたくないということが大きな理由です。
ビルクリーニングは大規模なものでは機械化が進んでいますが、それでも細かいところは人力で行うことになります。
それほど高度なノウハウというものではありませんが仕事を要領よく行っていくには経験が必要でその点で、熟練者が業界では重宝されます。
このようなことから収入は高めに設定されています。

また清掃業になかなか人が集まらない理由のひとつとしては深夜に行うところが多いことです。
特にショッピングセンターや量販店などの商業施設は深夜帯に行うのが一般的で基本的には夜勤になります。
夜勤は収入が高い反面で時間感覚が失われ肉体的にも精神的にも重労働です。
また深夜帯でなくても早朝に行うところもあり日中の人が活動していない時間帯に行うことになるので、どうしても不規則になりがちといったことから報酬は高く設定されています。