ビル清掃サービスでの解説サイト

歳を重ねつつ、社会経験を積むと、いずれ開業したいという夢を持つ人も少なくないでしょう。さまざまな分野がある中で、将来的にも安定したビル清掃サービスでの開業を検討しているあなた、非常に賢いご判断です。当サイトでは開業だけでなく、ビル清掃についての話もわかりやすくしていきます。

この記事は約 3 分で読めます。

ビルクリーニング業者を依頼する場合の費用とは

ビルクリーニングはビルの管理会社が行おうとするとスタッフの確保などに苦労することになりますが、業者に依頼すれば費用を支払うだけで清掃業務を委託することが可能です。
その費用は一般的に清掃する範囲の面積で決められています。

業者に依頼する費用と電卓たとえば、小規模な5階建てビルであれば一フロアの面積が300平方メートル程度です。
このビルでビルクリーニングを業者に依頼すると、まず床面積である300平方メートルの費用が1平方メートルあたり200円として6万円で、5フロア分で30万円です。
さらに窓清掃も行うため1平方メートルあたり150円として合計22万5千円となり、総額は52万5千円という金額が掛かることになる計算です。
加えて、外壁の洗浄も行うのであれば1平方メートルあたり500円程度の費用を支払う必要が生じます。

また、ビルクリーニングは床と窓の清掃だけでは十分ではありません。
エアコンを始めとする設備の清掃も行わなければ故障してしまい修理費用がかさむことになってしまいます。
エアコンは通常1台あたりの費用を計算する仕組みになっていて、壁掛け式であれば1台1万円程度、埋め込み式であれば1台2万円程度で依頼することが可能です。
設備の維持もビル管理会社の仕事であるため避けては通れない費用になります。

しかし、こういったビルクリーニングの費用は清掃業者と定期契約を行うことによって割引を受けることができる場合があります。
一ヶ月に一度や三ヶ月に一度といった頻度で清掃をする契約なら10パーセントから20パーセントほど割引されることが多くなっています。

清掃を業者に依頼する企業も比較的多い

清掃業者と契約を結ぶ企業のイメージビルの管理会社はオフィス環境の維持や設備のメンテナンスが本来の役割ですが、同時にビルクリーニングもその役割に含まれます。
しかし、ビルの清掃は一般家庭の掃除をすることとは全く異なるため専門業者に依頼する企業も比較的多くなっています。

ビルクリーニングで特に難しいのは外壁洗浄で、十メートル以上にもなるビルの高層階に至るまで清掃をしなければならないため専門スタッフでなければ行うことが出来ません。
はしごや仮設ゴンドラを使うことはもちろん、場合によっては高所作業車を利用しなければならないこともあるためビルの管理会社が行うには負担が大きく過ぎると言えます。
しかし、清掃の専門業者であれば技術に秀でていることはもちろん高所での作業に慣れているスタッフが揃っているため安心して任せることができます。

ビルの屋内清掃においても、入居している企業がそれぞれ業者と契約するのではなくビルの管理会社が一括して契約することが少なくありません。
ビルに複数の清掃業者が入ってくると個別企業の社外秘となっている情報が流出する危険性があるほか、セキュリティ的にも問題が発生することがあるためです。
管理会社が一括して契約することはそういった信頼に関わる危機を未然に防ぐことができ、さらに一つの業者に多くのフロアを任せることで費用の割引を受けられるというメリットもあります。

ビルクリーニングはビルの管理会社にとって必須作業です。
しかし、自社で行うより専門業者に依頼するほうが得策だと言えます。