ビル清掃サービスでの解説サイト

歳を重ねつつ、社会経験を積むと、いずれ開業したいという夢を持つ人も少なくないでしょう。さまざまな分野がある中で、将来的にも安定したビル清掃サービスでの開業を検討しているあなた、非常に賢いご判断です。当サイトでは開業だけでなく、ビル清掃についての話もわかりやすくしていきます。

この記事は約 4 分で読めます。

フランチャイズで開業する方法とは

世の中にはいろいろな働き方がありますが、大きく分けますと「会社員」と「経営者」となります。
この2つの大きな違いは収入を得る方法ですが、「会社員」はお給料という会社から支払われる金銭であるのに対して経営者は誰からももらえるのではなく自分で収入を確保する必要があります。
「自分で確保」するのですから安定性はありません。

開業方法を考える経営者「会社員」というのは法律でいろいろと保護されていますので例え金額が少ないことがあったとしても収入が途絶えるということはありません。
それに対して「経営者」は利益がでなければ収入がゼロになることもあります。
ゼロだけで済むならいいですが、場合によっては持ち出しを覚悟することも必要です。これが「経営者」の厳しいところです。

これだけ厳しいのですので「経営者」よりも「会社員」のほうがいいように思いますが、それでも「経営者」を目指す人がいます。
「収入を増やしたい」から「思い通りに働きたい」など理由は様々ですが、独立する気持ちが強い人であることが共通しています。

しかし、先に書きましたように安定性に欠けているのが難点です。
その難点をできるだけ少なくして開業する方法がフランチャイズによる開業方法です。
フランチャイズで最も知られているのはコンビニですが、それ以外にも飲食業などでもたくさんあります。
フランチャイズが注目される理由は独立開業する際に個人で開業するよりもリスクを低くすることができるからです。

簡単にフランチャイズについて説明しますと、加盟店はフランチャイズ本部に加盟することで経営のノウハウを提供してもらうことができます。
これは実に大きなメリットで全く素人であってもリスクを抑えて開業することができるシステムです。

フランチャイズでオーナーになる時の注意点

フランチャイズ店の女性オーナー加盟店になる人をオーナーと言いますが、オーナーになるときには幾つか注意点を認識することが大切です。
本部によりフランチャイズシステムは違いますので契約の際は加盟金や保証金またはロイヤリティなどを確認することが大切です。
そのほかには契約期間、店舗の確保、最低営業保証制度、研修や教育指導、経理や事務の業務などについてなどですが、営業期間が長くなればなるほどこれらのことの重要性がわかるようになるのが普通です。
ですから、最初からこれらのことをしっかりと確認することはとても重要です。

これらのことは実務のことですが、これ以外にも精神的と言いますか心がまえにおいても注意点があります。
人によってはこちらのほうが重要と考える人もいます。それは実にシンプルなことですが、「経営者」になるということです。
確かにフランチャイズに加盟してオーナーになるということは個人で独立開業するよりもリスクが抑えられることは真実です。
ですが、経営者になるという点では全く変わりはありません。

例えば従業員に対する社会的責任や社会に対する社会的もあります。
もちろんそうしたことも本部の研修が指導をしてくれますが、それを心の中に取り込むのはオーナーである自分自身です。
その心がまえがなければどれほど役に立ち参考になる研修を受けようとも身のあるものにはなりません。

冒頭で説明しましたように「会社員」と「経営者」は全く立場が違います。
そのことを肝に銘じて仕事に臨むことが最も大切です。また本部とのコミュニケーションを常にとる努力を惜しまないことも重要です。
フランチャイズは本部がいろいろなサポートをしてくれますが、それを生かすのも殺すのもオーナー自身であるという自覚がとても重要になってきます。